暮らしをゆたかにする良いものを・・・

長く飽きずに気に入って使えるような、ほんとうのもの。日本や世界にある良いもの、おいしいもの。 d'weL-ディウェル-ではそんな、自分の暮らしに取り入れたいものを選んでご紹介しています。


私たちは長い間、薪ストーブやBBQグリル、お庭の道具などを輸入して日本に広める仕事をしています。 国内外にいるパートナーも似た価値観を持ち、サスティナブルな火のある暮らしを楽しむことを考えています。 この恵まれたパートナーシップを通じて日々受ける刺激を活かし、いろんな分野のことやものを発信していきたいと思いますので、ぜひお付き合いください。



 
ひんやりとして寒い季節には温かいお料理がお似合い。
薪ストーブで作る、バターを使った魚と野菜の「漁師のスープ」なんていかがでしょう?
ジャガイモのガレットとオイルサーディンのオープンサンドも一緒にどうぞ。
寒い季節だからこそ、ゆったりした時間を過ごしてみるのも良いかもしれません。

−−**−−−**−−−**−−−**−−−**−−−**−−−**−−−**−−−**−−
 
〇漁師のスープ 4人分

*材料
生鮭の切り身:4切
海老:100g
ジャガイモ:中4個
玉ねぎ:中2個
ニンジン:2本
カブ:2個
セロリ:2本
バター:80g
塩:3gx4と ひとつまみ
水:1200cc
ディル(ハーブ)


*使用する道具
ブルナー キャセロールラウンド24cm
STAUB リリートリベット


*下準備
1.生鮭は皮と骨を取り除き、1切につき塩3gを全体に振って1時間以上、冷蔵庫におく
2.海老は殻をむき、背わたを取っておく

*作り方
1.野菜を好みの大きさに切る(それぞれの野菜が同じ大きさになるように)
2.キャセロールにバターと玉ねぎ、セロリ、塩ひとつまみを入れてストーブトップへ
3.バターが焦げないようにトリベットなどで弱火になるよう調節しながら静かに炒める
4.玉ねぎが透明になり、バターが乳化して白くなってきたら他の野菜もキャセロールに入れ、水を加えて煮込む
5.1時間ほど煮込み、野菜が柔らかくなったら鮭と海老を加えてさっと火を通し、仕上げに塩・コショウで味をととのえる
6.ディルを添えてテーブルへ



〇ジャガイモのガレットとオイルサーディン 4人分

*材料
メークイン:4個
バター:20g
オイルサーディン
ライ麦パン
お好みで ケイパー、チャービル、パセリなど

*使用する道具
ブルナー キャセロールラウンド24cmの蓋

*作り方
1.メークインはスライサーなどで千切りにし、水にさらす
2.キャセロールの蓋をくるっとひっくり返してストーブトップへ置き、バターを溶かす
3.メークインは焼く直前にキッチンペーパーで水分をしっかりと拭き取り、バターを熱した蓋にひとつかみずつ丸く形作りながら落とす
4.ライ麦パンを1cmの厚さにスライスし、蓋の空いたところで表面を焼く
5.メークインの両面をカリッと焼いたら、崩さないようにライ麦パンの上にのせる
6.オイルサーディンをのせたら出来上がり
7.お好みでケイパーやチャービルなどを添えてどうぞ


 
−−**−−−**−−−**−−−**−−−**−−−**−−−**−−−**−−−**−−


今回のお料理で使用した、ブルナーの鋳物鍋”GUSSTO”シリーズ。
精緻な美しいフォルムと素材の旨みをじっくり引き出してくれる形状が特徴です。
さらに蓋がパン(平なべ)として使えるので、料理の幅が広がります。
薪ストーブ料理だけでなく、アウトドアでもOK。
料理がますます楽しくなります。

こちらで特集してます! ▷ NEWS LETTER vol.5