暮らしをゆたかにする良いものを・・・

長く飽きずに気に入って使えるような、ほんとうのもの。日本や世界にある良いもの、おいしいもの。 d'weL-ディウェル-ではそんな、自分の暮らしに取り入れたいものを選んでご紹介しています。


私たちは長い間、薪ストーブやBBQグリル、お庭の道具などを輸入して日本に広める仕事をしています。 国内外にいるパートナーも似た価値観を持ち、サスティナブルな火のある暮らしを楽しむことを考えています。 この恵まれたパートナーシップを通じて日々受ける刺激を活かし、いろんな分野のことやものを発信していきたいと思いますので、ぜひお付き合いください。





 
過日の台風による被害に遭われた皆様へ、心よりお見舞い申し上げるとともに1日でも早い復興をお祈りいたします。


通り抜ける風がひんやり冷たく感じるようになりました。
待ちに待った薪ストーブのシーズンが始まります。そこで素敵なシーズンになるよう、おすすめな商品をピックアップ!



 
ドイツのストーブメーカーが本気で作った、本気の鋳物鍋、GUSSTOシリーズ
■◆■−−ーーーーーーーーー−−−−−ー−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■◆■


BRUNNER社は薪ストーブのアイアンドッグシリーズをはじめとする、ドイツの暖房器具メーカーです。
他のストーブメーカーとちょっと違うのは、自社の鋳物工場を持っていること。
その高い技術を持った、食べること、美味しいことが大好きなBRUNNER社が作ったお鍋などのオリジナルのクッキングシリーズ、GUSSTO(グスト)。
きめ細かく滑らかな鋳鉄が料理を完璧に仕上げます。
 




静謐で美しいフォルムは、ドイツ職人の技術力の高さが伺えます。
取っ手が左右についたキャセロールタイプ(両手鍋)ですが、特徴的なのは蓋もパン(平なべ)として使えること。
蓋をくるっとひっくり返せばお鍋の隣でグリルができます。

この”GUSSTO”シリーズは、鋳鉄の厚みが決め手。 厚みがあるので素材をしっとりと美味しく仕上げます。
試しに、塊肉をゆっくりじっくり弱火で焼き上げてみると、その仕上がりの違いにビックリするはず。
特別な晴れの日のご馳走にはもちろん、いつもの白米もふっくらつやつやに炊き上がります。
薪ストーブの上はもちろん、ガスやIHでも使えますので、肩肘を張らず、まずは普段のお料理から気軽に使ってみてはいかがでしょうか。





「お料理を作ってみたいけど、お手入れはどうすれば...?」
”GUSSTO”シリーズはお手入れ方法もとても簡単です。
使い始めに軽くお湯で洗い、ベジタブルオイルかオリーブオイルを薄く塗ったら弱火にかけます。
しばらく焼いてから改めてお湯で洗い、乾かします。
以降はお湯で洗うだけでOK!
汚れがこびり付いてしまったら、しばらくお湯に浸けておけば大丈夫です。

本格的な味を楽しみたい方、良いものを長く使いたい方。
ぜひ、”GUSSTO”シリーズを使ってみてください。
きっと、ご満足いただけると思います。

もちろん、アウトドアでも使えますよ!



>>"GUSSTO"シリーズの購入は → こちら


※お知らせ※
キャセロールラウンド24cmが大変好評のため現在欠品中です。
2020年2月入荷予定となります。
ご希望の方には入荷通知メールをお送りいたしますので、商品購入ページよりお手続きください。

 
     





 
ストーブ前の特等席は誰のもの
■◆■−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■◆■



薪ストーブの前はいつも取り合い。
薪ストーブのあるお家では、そんな光景が繰り広げられているのでは。
今回はそんな薪ストーブ前争奪戦がさらに激しくなる(かもしれない)ウールラグ「シルダック」のご紹介です。

シルダックは、中央アジア・キルギスの伝統的なウールラグ。
100%天然ウールでひとつひとつ手作業で仕上げられた、肉厚のラグです。
もともとキルギスでは、モンゴルのパオのようにドーム状の天幕を張った中に、直接土の上や壁にシルダックを敷き詰めていました。
いわば断熱材の役割も果たしていたわけです。
そのため、暖かさはお墨付き。
それだけでなく、通気性も良いので、夏も続けてお使いいただけます。




シルダックの文様は、それぞれキルギスに伝わる伝統的な文様が織り込まれています。
例えば、人々、守り神、大切な羊、その組み合わせ...
それらの文様を切り抜いたら、その残った方も必ず利用します。
そのため、シルダックはpositive(陽)版とnegative(隠)版と呼ばれる、それぞれ色合いが真逆のバージョンが出来上がるのです。
 
    


シルダックは、実はユネスコの世界文化遺産に登録されています。
奇抜に見えるデザインもウールの優しい風合いで意外にいろいろなインテリアに合います。
クラシックなストーブも良し、モダンなストーブも良し。
ぜひ貴方のインテリアコーディネートで、素敵なストーブ周りを演出してみてください!


シルダックの購入は → こちら
 





 
まだまだ大活躍! クラフトグリル
■◆■−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−■◆■





秋は美味しいものがたくさん。
その秋の味覚をクラフトグリルでもっと美味しく味わってみませんか?

今年のサンマは高いけれど、旬の魚を味わうなら断然クラフトグリルがオススメです。
理由は、絶妙な火加減。
程よい高さの竹網が遠火の強火を実現し、竹炭が皮をパリッと香ばしく、身をふっくらと焼き上げてくれます。
サケ、アジ、カツオ、サバ・・・好きな旬の魚を焼いてご賞味あれ!



もちろん魚だけではありません。
みんなで集まってワイワイできる、焼き鳥パーティーもおすすめです。
クラフトグリルを2、3台準備し、モモ、ムネ、手羽先などをそれぞれ好きなタレで。
シシトウや椎茸などの野菜やウズラの卵なども串にさして焼けば、目にも楽しい焼き鳥パーティーになります。
お天気の良い日、みんなが集まったらぜひ試していただきたいメニューです。


クラフトグリルの購入は → こちら
 
 
思い立ったらなんでも焼いてみよう!クラフトグリル




◆◇◆=====◆◇◆=====◆◇◆=====◆◇◆=====◆◇◆=====◆◇◆=====◆◇◆=====◆◇◆=====◆◇◆=====◆◇◆

d'weLオンラインでは「火のある暮らし」を皆さまにお届けするため、厳選したアイテムを日々アップしています。
今回は、今まさに大活躍するもの、これからの季節に大活躍するものをご紹介してみました。
最後までお付合いいただき、ありがとうございました。


薪ストーブシーズンの到来とともに、朝晩は随分と寒くなりました。
風邪などひきませんよう、ご自愛くださいませ。


☆最新情報はこちらから!☆
公式Instagram → https://www.instagram.com/dwelonlineshop/