「Tool & Cooking」は、薪ストーブを含めた直火のお料理をもっと気軽に楽しんでほしい、そんな思いで作り始めたレシピブックです。
四季の食材と空気を大切にしながら、それぞれのシーンを思い、薪ストーブやBBQグリル、staubのお鍋などを使ってお料理をコーディネイトしています。

 




今回は、薪ストーブ「アイアンドッグN°05」を使って作るフォカッチャと宇和の鯛をレモン、野菜とともにstaubのお鍋で蒸したシンプルで素材の旨みを活かしたお料理をご紹介します。



◯フォカッチャ

 *材料 
薄力粉:200g
イースト:5g
塩:小さじ1
オリーブオイル:大さじ1と1/2、表面に塗る分を適量
ローズマリー:1枝分
岩塩:ひとつまみ

 *作り方 
1.薄力粉、イースト、塩、オリーブオイルをぬるま湯100ccと混ぜ合わせ、滑らかになるまでしっかりとこねる。
2.生地をビニール袋に入れて暖かいところに置いて1〜2時間ほど発酵させる。
3.薪ストーブの炉内に5〜6cmくらいの熾が残るような状態になったら、左右に熾をよけ、中央にクッキングスタンドをセットする。
4.生地が2倍ほどに発酵したら空気を抜き、厚さ5〜7mm、直径20cmの丸型にのばして薄く油を塗ったグストパンの上に乗せる。
5.生地にフォークなどで軽く穴を開け、オリーブオイル適量を表面に塗り、岩塩ひとつまみ、ローズマリーを散らしてストーブ炉内に入れる。
6.10〜15分、底面がパリッと焼きあがったら炉から出し、網などに乗せて粗熱をとって出来上がり。

  ※ふんわりとした食感がお好みなら薄力粉を強力粉に。デュラムセモリナ粉ならより本格的になります。



◯鯛のレモン蒸し
 

 *材料 
鯛:半身
レモン:3個、ソース用1個
じゃがいも:小4個
玉ねぎ:大1個
白ワイン:200cc、ソース用50cc
塩:小さじ3
バター:20g
スティックブロッコリー、スナップエンドウなどお好みの野菜

 *作り方 
1.鯛半身は三等分し、塩をまぶして1時間ほど冷蔵庫へ。キッチンペーパーで水気をよく拭き取り、臭みをとる。
2.玉ねぎはくし切り、じゃがいもはよく洗い皮つきのまま5mmの薄切りにする。
3.ストーブトップに置いたstaubココットラウンドに玉ねぎ、じゃがいも、鯛の順に重ねて入れ、薄切りにしたレモン3個分を上に並べる。上から白ワインを注ぎ、蓋をして加熱する。
4.スティックブロッコリーやスナップエンドウなどお好みの野菜を食べやすい大きさに切っておく。
5.鍋から湯気が立ってきたらスティーマーインサートに野菜を乗せ、鍋にセットする。
6.じゃがいもにすっと串が通るようになったら、ストーブトップから降ろし、皿に鯛と野菜を彩りよく盛り付ける。
7.鍋に残った汁にバターとレモン1個分の絞り汁、白ワインを入れて煮詰めてソースを作り、鯛、野菜にかけて完成。



*今回のお料理で使用したグッズ*
ブルナー グストパン
a+オリジナルクッキングスタンド
ストウブ ピコ・ココットラウンド26cm+スティーマーインサート